身体に合わせた敷き寝具が睡眠の質改善!

「ただ眠る」のと「環境を整えて眠る」のでは、睡眠の質に違いがあるのでしょうか?
眠りの役割はたくさんありますが、最も期待するのは、疲れた「こころ」と「からだ」を休めること(疲労の回復)。夜の睡眠の質が良くなれば、当日の疲れがより効率的に取れると考えられます。
質の良い睡眠をとるためには、眠る環境の重要な要素、寝具を整えることも大切です。
西川リビング(株)では自然にまっすぐ立っている姿勢(自然立位)をほぼそのまま横にした姿勢(仰臥位)が理想の寝姿勢と考えています。その理想の寝姿勢を保てる敷き寝具が身体に合わせた敷き寝具(敷きふとん+まくら)です。
今回、大阪市立大学大学院医学研究科の梶本修身特任教授と、「身体に合わせた敷き寝具」で眠る場合と、同素材の「合わせていない敷き寝具」で眠る場合に、睡眠の質が違うのかを調べる試験を実施しました。

  • 研究テーマ:正しい寝姿勢での睡眠は、睡眠の質を改善するのか?
  • 西川リビングの考える正しい寝姿勢とは?

試験の概要

試験対象者
健常な成人男女18名(男性12名、女性6名)30歳~65歳
試験製品
  • 身体に合わせた敷き寝具(オーダーメイドマットレス&オーダーメイドまくら)
  • 対照寝具=合わせていない敷き寝具(ウレタンフォームマットレス&2層まくら(パイプ/ウレタンフォーム))

オーダーメイドマットレスは、対象者の身体に合った沈み込みになるように、大キューブ、中キューブ、小キューブを組み合わせて作成したもの、

(オーダーメイドマットレス例)

オーダーメイドまくらは、6つのブロックに分け、各ブロックの詰め物の量を

身体に合わせた敷き寝具は、「はかる」、「つくる」、「あわせる」の工程を経て、
完成します。

  1. はかる 自然な立位姿勢を測ることで、マットレスに用いるキューブの
    組み合わせ、まくらの各ブロックの高さが決まります。
  2. つくる マットレスは、3種類の立体ウレタンキューブを10㎝単位で配列します。
    まくらは、6つのブロックに適した高さになるよう中材を入れます。
  3. あわせる 対象者ごとに、マットレスとまくらを組み合わせて、
    細かな調整を行ないます。

詳しくはこちら

*ウレタンフォームマットレスは、すべて大キューブで、沈み込みは均一

*2層まくらは、高さが一律

試験方法
1名の試験対象者につき、試験施設に3回宿泊、2回目、3回目を本試験。(1泊につき、睡眠時間は7時間。2回目、3回目の試料は被験者により順序が異なる、クロスオーバー試験)
測定項目
  • 睡眠質問票(朝、起床時に測定)OSA睡眠質問票とセントマリー病院睡眠質問票
  • VAS(睡眠前後に測定)
結果
「身体に合わせた敷き寝具は、睡眠の質を改善させる!」

1睡眠質問票より

OSA睡眠質問票

睡眠外来などにも使用される一般的な睡眠質問票のひとつです。
OSA睡眠質問票は、睡眠の心理的な側面(睡眠感)の解析に重点が置かれていて、睡眠の質的評価に優れている質問票です。

入眠と睡眠維持

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて値が高く、入眠しやすく睡眠が継続しやすいことがわかりました。

起床時眠気

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて値が高く、起床時の眠気が残りにくいことがわかりました。

セントマリー病院睡眠質問票

睡眠外来などにも使用される一般的な睡眠質問票のひとつです。
セントマリー病院睡眠質問票は、全般的な睡眠の質の評価に用いられる質問票です。

睡眠の満足感

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて値が高く、起床時の睡眠の満足度が高いことがわかりました。

起床時の爽快感

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、起床時の爽快感が高いことがわかりました。

熟眠感

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、起床時の熟眠感が高いことがわかりました。

就眠困難度

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、寝つきやすいことがわかりました。

*これら2つの睡眠質問票で差が見られたことから、身体に合わせた敷き寝具群が対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、睡眠の質の改善効果があることが確認されました。

2VSAより

VAS(Visual Analogue Scale)

感覚の程度を数値化するもので、睡眠前と比べて、睡眠後の眠気がどの程度減ったかを寝具の違いで比較します。

VSA

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、マイナスの値が大きく、睡眠前と比べて睡眠後(起床時)に眠気が減ったことがわかりました。

まとめ

HOMEへ戻る
ページTOP