〈REPORT〉

身体に合わせた敷き寝具が睡眠の質改善!

「ただ眠る」のと「環境を整えて眠る」のでは、疲労回復に違いがあるのでしょうか?
眠りの役割はたくさんありますが、最も期待するのは、疲れた「こころ」と「からだ」を休めること(疲労の回復)。夜の睡眠の質が良くなれば、当日の疲れが取れると考えられます。疲れがスッキリと取れて、よい明日が迎えられるといいですね。
近年、主観的感覚であった「疲労」を客観的な数値として評価する方法ができました。この度、大阪市立大学大学院医学研究科の梶本修身特任教授と、「身体に合わせた敷き寝具」と同素材の「合わせていない敷き寝具」を使って、睡眠と疲労の関係を探る試験を実施しました。

  • 研究テーマ:正しい寝姿勢での睡眠は、睡眠の質を改善するのか?
  • 西川リビングの考える正しい寝姿勢とは?

試験の概要

試験対象者
健常な成人男女18名(男性12名、女性6名)30歳~65歳
試験製品
  • 身体に合わせた敷き寝具(オーダーメイドマットレス&オーダーメイドまくら)
  • 対照寝具=合わせていない敷き寝具(ウレタンフォームマットレス&2層まくら(パイプ/ウレタンフォーム))

オーダーメイドマットレスは、対象者の身体に合った沈み込みになるように、大キューブ、中キューブ、小キューブを組み合わせて作成したもの、

(オーダーメイドマットレス例)

*オーダーメイドまくらは、6つのブロックに分け、各ブロックの詰め物の量を対象者に合わせて変えて、高さを調整したもの *中材には、ふつうの硬さのパイプ(ソフトパイプミニ)を、ベース層にウレタンフォームを使用。

身体に合わせた敷き寝具は、「はかる」、「つくる」、「あわせる」の工程を経て、
完成します。

  1. はかる 自然な立位姿勢を測ることで、マットレスに用いるキューブの
    組み合わせ、まくらの各ブロックの高さが決まります。
  2. つくる マットレスは、3種類の立体ウレタンキューブを10㎝単位で配列します。
    まくらは、6つのブロックに適した高さになるよう中材を入れます。
  3. あわせる 対象者ごとに、マットレスとまくらを組み合わせて、
    細かな調整を行ないます。

詳しくはこちら

*ウレタンフォームマットレスは、すべて大キューブで、沈み込みは均一

*2層まくらは、高さが一律

試験方法
1名の試験対象者につき、試験施設に3回宿泊、2回目、3回目を本試験。(1泊につき、睡眠時間は7時間。2回目、3回目の試料は被験者により順序が異なる、クロスオーバー試験)起床後、4時間のパソコンを用いた精神作業疲労負荷を行ない、作業30分後の測定で試験終了。
測定項目
  • 自律神経機能評価
    (起床後の精神作業疲労負荷前、精神作業疲労負荷中(2時間後)、精神作業疲労負荷終了時(4時間後)、休息30分後に測定)
  • 睡眠質問票(朝、起床時に測定)OSA睡眠質問票
  • VAS(睡眠前後に測定)

測定項目

結果
「身体に合わせた敷き寝具で眠ると、起床後、同じ作業をしても、疲労しにくい!」

1自律神経機能評価より

自律神経機能評価とは?

自律神経は、呼吸や消化吸収、血液循環など、生きるための基盤となる機能を無意識下で調整する神経系で、自分の意志ではコントロールができません。自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は、身体を活発に活動させるときに働く神経で、副交感神経は、身体がゆったりとしている時に働く神経です。交感神経と副交感神経はそれぞれ反対の働きをしながら、全身を支配しています。
この試験では、交感神経の働きを見るために低周波成分(LF:low frequency)を、副交感神経の働きを見るために高周波成分(HF:high frequency)を脈波から観察しました。(最大エントロピー法による解析方法)

◎HF%では、全成分中のHF(高周波成分)の割合を表しますので、副交感神経の働きがわかります。
疲労状態になると、HF%の値が下がり、副交感神経の割合が少なくなる=身体がゆったりしていないことを示します。
◎LF/HFでは、低周波成分(LF)と高周波成分(HF)の比率を表しますので、交感神経と副交感神経のバランスがわかります。疲労状態になると、LF/HFの値が上昇し、副交感神経が少なくなり、交感神経のバランスが高くなる=身体が緊張状態にあることを示します。

◎どちらの値も変わらないことが、疲れていないことを示します。

*睡眠をとった後、次の日の午前中に、精神作業疲労負荷を4時間行なった場合の、精神作業疲労負荷開始時、精神作業疲労負荷中(2時間後)、精神作業疲労負荷終了時(4時間後)、休息30分後に測定しました。

HF%

・精神作業疲労負荷2時間後、終了時(4時間後)と時間を経るごとに、対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)はHF%値が低くなり、疲労状態になっています。しかし、身体に合わせた敷き寝具群は、グラフがほとんど横ばい状態で、疲れが見られません。

・休息30分後も、身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)よりHF%値が高くなっています。休憩後も疲れの程度が低いことがわかります。

LF/HF

・精神作業疲労負荷2時間後、終了時(4時間)と時間を経るごとに対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)は値が高くなり、疲労状態になっています。しかし、身体に合わせた敷き寝具群は、グラフがほとんど横ばい状態で、疲れが見られません。

・休息30分後も、身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)より値が低くなっています。休憩後も疲れの程度が低いことがわかります。

*身体に合わせた敷き寝具を使って眠った場合、翌朝の精神作業疲労負荷を行なう過程で、HF%、LH/HFの変化が抑えられ、同じ作業を行なっても疲労しにくいこと、休息をとった後でも、疲労の程度が低いことがわかりました。

2睡眠質問票より

OSA睡眠質問票

睡眠外来などにも使用される一般的な睡眠質問票のひとつです。

OSA睡眠質問票

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べて、起床時の疲労回復具合が高いことがわかりました。

3VASより

VAS(Visual Analogue Scale)

感覚の程度を数値化するもので、睡眠前と比べて、睡眠後の疲労感や肩こりが、どの程度減ったかを寝具の違いで比較します。

VAS 疲労感

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べてマイナスの値が大きく、睡眠前と比べて睡眠後(起床時)に疲労感が少なくなった値が大きいことがわかりました。

VAS 肩こり

・身体に合わせた敷き寝具群は対照寝具群(合わせていない敷き寝具群)と比べてマイナスの値が大きく、睡眠前と比べて睡眠後(起床時)の肩こりの感じ方が少なくなった値が大きいことがわかりました。

まとめ

〈REPORT〉

HOMEへ戻る
ページTOP