重要なお知らせ IMPORTANT NOTICES

●西川リビングの羽毛品質基準

  試験項目 試験方法 西川リビング基準
組成混合率(%) 羽毛のダウン率を測定します。 JIS L1903 +5%~0%(対表示)
ダウンパワー「かさ高」(cm3 羽毛の膨らみ具合を測定します。 JIS L1903 ダック:340cm3/g以上
グース:360cm3/g以上
マザーグース:430cm3/g以上
油脂分率(%) 臭いや生地へのシミだし発生原因となる残留油脂分を調べる。 JIS L1903 1.0%以下
清浄度(透視度:mm) ホコリや臭いの発生原因となる残留土砂や塵埃などを調べる。 JIS L1903 1000mm以上
酸素係数(mg) 臭いの発生原因となる微生物などの有機物残留量を調べる。 JIS L1903 4.8mg以下
pH 水素イオン濃度:洗浄剤や加工薬剤などの残留によりpH値が偏り、羽毛を傷めたり人体に影響があってはならない。
適正なpH領域が望ましい。7未満が酸性、7が中性
日羽協法 pH4~7.5
臭気 5人のうち3人以上が悪臭と感じるか否か。 日羽協法 気にならない程度であること
グレー羽毛混入率(%) ホワイトダウン表示の場合に適用する。 日羽協法 1.0%以下
鳥種(ダック)混入率(%) (グース表示の場合のダック混入率) 日羽協法 グース:7%以下
マザーグース:1.0%以下

ページトップ