手作りキッズまくら 世界にたった1つだけ 自分にぴったりのまくらを作ろう! 対象年齢 小学3年生以上 2017年グッドデザイン賞 第11回 キッズデザイン賞 特別賞《審査委員長特別賞》ダブル受賞!!

「ねむり」と「まくら」の関係性

子どもたちが成長して、体重が50kgになったとしたら、頭の重さは4kg(ボーリングの玉)くらいにもなります。睡眠中その頭を支えるため、まくらはとても重要な役割をしています。高すぎ・低すぎのまくらは、肩こりやいびきの原因になってしまうかも。からだの成長に合わせて「自分に合ったまくら」を使うことが大切です!

まくら選びのポイント 1.快眠につながる大切なポイントは『寝姿勢』です。 まくらを使った時に、まっすぐ立っている姿勢と同じ姿勢になるのが一番! 2.正しい姿勢でねむるには自分にあった『まくら』を使うことがポイント! 仰向き寝のとき 横向き寝のとき 仰向き寝と横向き寝の2方向で高さを変えることができるまくらが理想的です! 起きている時も寝ている時も正しい姿勢がいいね!

手作りキッズまくらで自分だけのオリジナルまくらを作ってみよう!

ご家庭で計測して高さ調節ができ、自分に合ったオリジナルまくらが作れます!成長に合わせて作り直すこともできますよ!

側地が3つに分かれているので仰向き寝の時は真ん中、横向き寝の時は両サイドと使い分けができます。

自分にぴったりのまくらでぐっすり眠ると…

良いリズムができるよ!! ポジティブサイクル

POINT1 “自分にぴったりのまくら”は睡眠の質を上げます。

しっかり測定

ぴったりの高さ

睡眠の質を上げるには「正しい姿勢で眠る」ことが重要です。
「手作りキッズまくら」では身体を測り、その結果をもとに中材の量を計算して調節し、自分にぴったりのまくらを作ることができます。
身体のカーブのラインは人それぞれ違っているので必要なまくらの高さも一人ひとり異なります。

道具と余ったパイプを置いておくと、成長に合わせてもう一度測って作り直すことができます。

POINT2 作る楽しさに夢中…創造性を育みます。 

はさみで切ったり

パイプを混ぜたり

まくら作りに必要な「道具」も自分で作ります。
ハサミやテープで道具を組み立てる工作のような楽しさがあります。
中材のパイプは触るとつぶつぶとした気持ち良い手触り。色の付いたパイプを手でかき混ぜる時の感触、色がきれいに混ざっていく楽しさ。素材に触れることで新たな発見があります。

側地が透けて中の色が見えるので作る子どもによって個性が出ます。

POINT3 毎日使う喜び、眠るのが楽しみになります。

できたよ!世界で一つだけ、私のまくら!!

子どもたちが自分でまくらを作ることで、まくらに愛着が湧き、毎晩おふとんに入ることが楽しみになります。
テレビゲーム、塾や習い事などから、世界の中でも突出して寝るのが遅い日本の子どもたち。
成長期の今だからこそ、睡眠はとても重要だということを子どもたちにも、保護者の方々にも知ってもらい、関心を持ってもらえたらと思います。

2017年グッドデザイン賞受賞

《グッドデザイン賞》は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。
今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。

第11回 キッズデザイン賞 特別賞《審査委員長特別賞》受賞

《キッズデザイン賞》は、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして子どもを産み育てすいデザインの顕彰制度です。乳幼児用や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けでありながら子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動なども対象となります。

PAGE TOP